トップページ

私は若い頃、生理不順とは無縁でした。よほどのストレスでもない限り、一月に一回生理がきて一週間ほどで出血は止まっていました。しかし、出産を機に生理が止まらなくなりました。
そのことに気になりだしたのは出産して約半年後です。出産直後はホルモンバランスが安定するまである程度仕方がないと思っていました。ですが、半年経っても良くならずそれどころか日に日に生理中の期間がのびてイライラが止まらなくなっていました。
このままでは育児に影響すると思って近くの総合病院で診てもらい、私は止血剤を処方してもらいました。とにかく生理不順から解放されて穏やかな気持ちで育児をしたいと思ったのです。
しかし、止血剤は効果がなくイライラも解消されませんでした。そこで今度は息子を出産した大きな病院で検査をしてもらい、ようやく病名が分かりました。私はPCOS、多嚢胞性卵巣症候群という病気にかかっていたのです。
こちらの病気の特徴は男性ホルモンの数値が異常に高く、卵子が排卵しづらくなって卵巣に卵胞がたくさんできてしまいます。そして生理不順や肥満、不妊、多毛などの症状を引き起こします。
幸い、私は生理不順以外の症状はみられず今は生理をコントロールするピルを服用しているため出血も止まっています。ピルは毎日服用しなければならないのが少し面倒ですが、今では不快感がだいぶおさまってホルモンバランスが安定していると自分で感じているので良かったです。
こういった症状は特別なことではなくてたくさんの女性が苦しんでいるようです。精神的に不安定になったりどこかが痛くなったりといろんな症状があるようです。びっくりしたのは関節通などの症状です。関連がないように思えるのに。そのほかの症状などはこちらで見れます⇒ 生理前のイライラ.com